ドゥーオーガニック

ドゥーオーガニック

ドゥーオーガニック

ドゥーオーガニックは、世界的オーガニック認証を2つ取得した日本で初めてのスキンケアブランド



オーガニック認証を取得しているスキンケアブランドが増えてきました。
ドゥーオーガニックは、「エコサート」「コスメビオ」という世界的なオーガニック認証を2つ取得した初めての国産オーガニックコスメです。

これらの基準は、中身だけでなく、製造工程においても、地球環境に負荷をかけていないか、など、細部に至るまで厳しくチェックされます。これらの認証を取得したコスメは、本格的なオーガニック化粧品として認識されます。

オーガニック栽培された植物は、自然本来の力を持ち、生命力に溢れています。これらの原料を使用して、 デリケートな日本女性の肌に合わせた処方でつくられたスキンケアが、ドゥーオーガニックなのです。

ドゥーオーガニック


オーガニックコスメというカテゴリー
非常に厳しいオーガニックの基準をクリアした、ドゥーオーガニック


オーガニックコスメという言葉は、今や一般的になりました。
化粧品の中には、無添加化粧品、自然派化粧品というカテゴリーが存在しますが、これにオーガニック化粧品というカテゴリーが登場したのです。

しかし、イメージ的な表現となっている場合も多いようです。
なぜなら、日本には、農産物に対するJASマークのように、 化粧品に対してのオーガニックの基準はまだ無いのです。

ヨーロッパにおいては、いくつものオーガニックの基準が存在し、 その中でも、日本でもよく知られている基準が「エコサート」です。この「エコサート」を取得しているコスメは、ヨーロッパには数多く存在しますが、 2010年時点でエコサートを取得している日本製の化粧品は、まだわずかでした。

その中のひとつが今回ご紹介する「ドゥーオーガニック」です。
ドゥーオーガニックは、ジャパンオーガニックという会社の製品です。

ドゥーオーガニック


オーガニック認証エコサートを受けたドゥーオーガニック


エコサートを取得するには、原材料から製造過程に至るまで非常に厳しい基準をクリアしなければならず、 それをクリアできる工場自体も日本では限られます。

無添加化粧品、自然派化粧品というものには、自ら宣言する以外に、公的基準がないのですが、このオーガニック化粧品は、海外にいくつかのオーガニックの基準が存在しますから、それを取得することで品質の判断がしやすいということもいえます。


オーガニック認証の世界基準をダブルで取得したドゥーオーガニック


■ 世界最大の国際有機認証機関「エコサート」

世界最大の国際有機認証機関「エコサート」。エコサートの基準の中でも、最も厳しい「ナチュラル&オーガニック化粧品」の認証を全品にわたって取得しています。

エコサートは1991年に設立された世界最大の国際有機認証機関。 フランス・トゥールーズを本拠地とし、欧州を中心に世界50 ヵ国以上の国で認証を行っています。

エコサートの化粧品認証の基準には2種類あり、 「ナチュラル&オーガニック化粧品」は全植物原料中オーガニック原料の割合が95%以上、 「ナチュラル化粧品」は全植物原料中オーガニック原料の割合は50%以上などと決められています。

エコサートの品質基準は、たいへん厳しく、例えば、配合のオーガニック原料は、 土づくりから管理される厳しい基準をクリアした、オーガニック認証原料でなくてはなりません。 また、中身だけでなく、製造工程においても、石油系原料を使用していないか、 地球環境に負荷をかけていないかなど、細部に至るまで厳しくチェックされます。

ドゥーオーガニック


■ フランスのコスメビオ協会が監修している「コスメビオマーク」

ドゥーオーガニックは、フランスのコスメビオ協会(COSMEBIO)より、 国産オーガニック・コスメブランドで初めてコスメビオマークを取得しています。

コスメビオ協会COSMEBIOは、フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会で、 原料サプライヤー、製造業者、化粧品研究所、流通業者などで構成されています。

欧米においてコスメビオ協会のロゴマークは"本格的なオーガニック化粧品"を意味しており、 曖昧なナチュラルコスメとは一線を画しています。

ドゥーオーガニック


ドゥーオーガニックは国産のオーガニックコスメ


2000年代前半、日本で流通しているエコサートなどのオーガニック認証を取得しているコスメは、海外製品が主でした。
しかし、海外と日本では気候も風土も女性の肌質も違います。
ドゥーオーガニックは、「オーガニックで日本女性の肌に合うスキンケアをつくりたい」という思いから生まれたブランドです。

日本の気候風土を考えた上で、繊細な感覚をもつ日本女性を満足させるために、 化粧品は設計されています。

使用感はベタつきを抑え、サラッとしているのにしっとりする使い心地を実現。
デリケートなお肌を整え、本来の肌力を導きだします。
日本女性のために生まれた、国産のオーガニックコスメであるというところがポイントです。


日本女性のためのスキンケアだから、テーマは、「穀物」。


ドゥーオーガニックの原料の重要なテーマは穀物です。

日本女性のためのスキンケアであることから、構成する成分は、身土不土の考えからも日本人が慣れ親しんだ国産の「コメ」や「豆」などの穀類原料を中心に、エイジングケアの機能が確認できた成分を配合しています。

ドゥーオーガニック

例えば、日本人と欧米人の違いに腸の長さがあります。
欧米人に対し日本人の腸は1.5倍程長いと言われています。

これは穀物や米を主食とするためそれら食物は消化に時間がかるからです。
弥生時代より2000年お米や穀類を食べ続けた故の身体的民族的特徴であり、身土不土という言葉があるように、化粧品成分としても日本人の肌に対して親和性も高いと考えています。

※身土不土とは・・・その土地に生きるものはその土地でとれたものがあうという考え

ドゥーオーガニック


オーガニック・ミーツ・サイエンス


オーガニック原料であるといっても、必ずしも肌に対して良い原料であるとは、限りません。

ドゥーオーガニックは、ヒト線維芽細胞による機能性評価にてハリや弾力を生み出す元となる線維芽細胞やコラーゲンの増殖効果など科学的に確認されたオーガニック原料を使用しています。

オーガニック・ミーツ・サイエンスです。
オーガニックにこだわっただけではなく、実感にこだわった化粧品なのです。

科学的に確認されたオーガニック原料のみ使用し、実感にこだわりました

ドゥーオーガニック


肌が本来持っている働きを「化粧品」によって育てる


お肌には、本来紫外線や乾燥などの物理的・化学的刺激から体を保護し、 その変化に順応させる働きがあります。

ドゥーオーガニックは、これら肌本来の持っている働きを「化粧品」から与えるのではなく、 「化粧品」によってこのような肌に育て、生み出す力を与えることを目的としています。

そのためには水分や油分の補給にはもちろん、セラミドを補い「肌のバリア機能」を高めたり、 効果的な成分の組み合わせにより「ハリや弾力を生み出す力」を高めたりすることが大切です。

また使用する成分も化学的に合成された成分に極力頼らず、 自然に培われた植物の力を借りることで、肌と環境への負担を減らしています。

 
◆ドゥーオーガニックの品質基準


● 天然または天然由来成分を全成分中95%以上配合すること。

● オーガニック認証が取得された成分を植物成分中95%以上配合すること。

● 植物エキス成分の抽出剤には、石油由来のプロピレングリコール(PG)や石油由来のエタノールは使用せず、 パーム・ヤシ由来の植物性グリセリンやトウモロコシ・サトウキビ由来の発酵エタノールを使用すること。

● パラベン類やフェノキシエタノールはキャリーオーバー成分も含めて一切、配合しないこと。

● 遺伝子組換え(GMO)原料を使用した成分は配合しないこと。

● 石油系界面活性剤は配合しないこと。

● 石油由来の合成香料やタール色素は配合しないこと。

● 石油由来の合成高分子増粘剤(カルボマーなど)は配合しないこと。

● 石油由来の合成酸化防止剤やキレート剤は配合しないこと。

● 100nm(ナノメートル)以下の微粒子粉体成分は配合しないこと。

● 生産はオーガニック化粧品工場としてのライセンスを得た工場で生産すること。

● 製品の製造工程では塩素系の洗浄剤は使わないこと。

● 製品の動物実験は行わないこと。

● 全成分表はキャリーオーバー成分も含めすべて表示すること。

● パッケージ素材は環境に配慮した素材を採用すること。

● 製品は第3者機関によるオーガニック化粧品の認証を取得すること。


ドゥーオーガニック商品ラインアップ

●パワーセラムV

ドゥーオーガニック パワーセラム

●クレンジングリキッド

ドゥーオーガニック クレンジングリキッド

●エクストラクトローションモイスト

ドゥーオーガニック クレンジングリキッド

●エンリッチクリーム・アドバンスト

ドゥーオーガニック クレンジングリキッド

前へ

ドゥーオーガニック クレンジングリキッド

次へ

QUON クオン ヴァーナライザー ボディオイル・イン・ローション