こだわり商品生活 : 腸活

腸

こだわり商品生活 : 腸活

腸内環境を整える食品というのは、こだわり商品研究所で常に頭に入っているテーマです。商品は穀物、水溶性食物繊維、発酵食品、はちみつなどに分散しているのですが、「腸活」というわかりやすいキーワードでまとめてみました。



腸内環境で、健康に関する多くのことが説明できる。

栄養の勉強をしているとこの言葉を聞くことが良くあります。腸内には、100兆個もの腸内細菌が存在するそうです。人間の身体の細胞数は、37兆個くらいといわれていますから、その数よりも多い。腸内は、人の身体の外側です。そこに存在する100兆個もの腸内細菌との共同作業で人の恒常性が保たれているというのです。
このことを意識して食事をすることが大切とされています。
腸内細菌にとって大切な栄養素というものがあります。


腸ってどこのこと

一般的に腸内環境という言葉を使います。腸内フローラという言葉も使います。この腸内フローラってどこのことかという話ですが、この情報をお知らせします。腸内細菌数です。

●胃・・・100~1000個/g 強い胃酸があるため
●十二指腸・・・100~1000個/g 胆汁のため
●空腸・・・約10000個/g  流れが速く増殖し難い
●回腸・・・10万~1000万/g
●大腸・・・100兆個以上

これを見ると、大腸に圧倒的に多くの腸内細菌が存在することがわかります。
いわゆる腸内フローラというのは大腸に存在します。

1、水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサになります。腸活を考える際に必須の食べ物とされます。
詳しくは、


2、オメガ3系脂肪酸

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構のサイトに以下のような記事がありました。
非常に興味深くわかりやすいのでぜひ、ご覧ください。
「国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院応用生命化学部門の教授 木村郁夫らの研究グループは、腸内細菌が代謝により食用油中の多価不飽和脂肪酸(注1)を10-hydroxy-cis-12-octadecenoic acid (HYA)をはじめとする新たな脂肪酸に変換することで、宿主のエネルギー代謝調節に関与し、食事によって誘導される肥満を改善することを明らかにしました。腸内環境を制御する食習慣や腸内細菌の代謝産物は、代謝性疾患に対する治療法確立に向けて、今後本成果の応用が期待されます。」
https://www.amed.go.jp/news/release_20190905-03.html


3、発酵食品

腸内細菌への有用な食品として、代表的なものに発酵食品があります。プロバイオティクスです。プロバイオティクスというと、ヨーグルトなどがイメージしやすいですが、味噌、醤油、納豆などの発酵食品もその仲間です。とくに最古の発酵調味料とされている酢は、注目したい食品です。
詳しくは、


4、はちみつ

はちみつにはグルコン酸という成分が含まれます。このグルコン酸は、腸内でビフィズス菌を増殖させるとされます。
この記事をご覧ください。
http://libds.tamagawa.ac.jp/dspace/bitstream/11078/856/1/22-4_2001_171-174_Nagai.pdf


※最後に・・・

腸内環境について常に勉強中です。いろいろな情報があります。誤って理解している情報もあると思います。その点ご了承ください。現在の立場で常にアップデートしていきたいと思います。

前へ

こだわり商品生活 : オーラルケア

次へ

こだわり商品生活 : 油・脂質(食)