エコーレア ボディローション

エコーレアボディローション

エコーレア ボディローション

無香料、ノンオイルのローションで、乾燥でカサつきがちなボディを保湿します。ベタつきが少なく、気持ちよく使えます。美容液保湿成分(ヒアルロン酸、アミノ酸系成分、植物エキス)でリッチな潤い。香料・鉱物油・防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)不使用の無添加処方。合成界面活性剤を使っていません。



エコーレア ボディローション 商品詳細

■全成分:水、ペンチレングリコール、グリセリン、BG、ベタイン、PCA-Na、ヒアルロン酸Na、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、クエン酸Na、クエン酸、キサンタンガム
■容量:120ml
■製造販売元:株式会社エコーレア

◆通販・ショッピング

「エコーレア ボディローション」のショッピングができます。
こだわり商品研究所のショッピングサイト「こだわり商品研究所ストア」の「買い物かご」に入ります。


価格:1,650円(本体1500円+消費税150円)

数量   

● こだわり商品研究所ストア 【エコーレア ボディローション】 ショッピングページ


エコーレアボディローション

今回、ご紹介するのがエコーレア ボディローションです。
まずは、最初にメーカーの製品説明をご覧ください。


エコーレアの製品説明

無香料、ノンオイルのローションで、乾燥でカサつきがちなボディを保湿します。
ベタつきや油膜感がなく、こまめに使えます。
美容液保湿成分(ヒアルロン酸、アミノ酸系成分、植物エキス)でリッチな潤い。
香料・合成界面活性剤・シリコン・鉱物油・防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)不使用の肌にやさしい無添加処方。

お肌に含まれるNMF成分と同じ、植物由来のアミノ酸系天然保湿成分(PCA-Na)と、ワイルドタイム、スイートマジョラム、オタネニンジンのエキスが、肌の保湿効果を高め、うるおいのある若々しい肌へと導きます。


全成分表示をご覧ください。

【全成分】水、ペンチレングリコール、グリセリン、BG、ベタイン、PCA-Na、ヒアルロン酸Na、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、クエン酸Na、クエン酸、キサンタンガム


エコーレア ボディローションのポイント

さてこのボディローションのポイントですが、以下の様になると思います。

●ボディ用保湿ローション
●保湿成分が多種類配合されている
●オイルを使用していない
●合成界面活性剤不使用
●無香料
●防腐剤不使用
●エスケー石鹸の処方


エコーレア ボディローションの商品解説


この商品を解説します。
まずは、わかりやすいポイントから


●界面活性剤を使用するのを止めた

・ボディローションは、ミルクタイプの物も多い。そうすると界面活性剤を使ってしまう。
・ノンオイルにしたのも界面活性剤を使用しないため。
・浸透感を上げるために界面活性剤を使用するのも止めた。

シンプルに界面活性剤の使用を止めたということです。
界面活性剤は、オイルと水を混ぜるためであったり、乳化させるため、浸透を高めたりするために使用されます。エコーレアは、このボディローションの界面活性剤の配合を止めました。

界面活性剤の是非に関しては触れませんが、この商品にとっては良いことだと思います。
それは、次の項目にも関係します。


●スキンケアは、肌に浸透させなくていい

皮膚は、真皮と表皮に分けられます。
表皮の一番表面が角質層です。

保湿とは、この角質層の潤いを保つことです。
角質層を保湿させることが、スキンケアの基本です。
角質層の保湿の足りないものを補うのがスキンケア。
角質層のその奥まで、浸透させることではない。
浸透ではなく保湿である。

という考えがあります。
わたしが勉強してきた、ナチュラルライフ&ビューティーアカデミーで、そう教えてもらいました。なるほどと納得しております。

エコーレア ボディローションは、それと同じ考えを元に処方されているということになります。
界面活性剤を使用してない理由のひとつもここにあります。

エコーレアボディローション


●保湿成分リッチ

スキンケアにおける保湿の3大要素ですが、「水」「油」「保湿剤」です。
エコーレア ボディローションは、この保湿剤にあたる原料を6種類配合しています。

ペンチレングリコール、グリセリン、ベタイン、PCA-Na、ヒアルロン酸Na、グリコシルトレハロース

です。保湿成分リッチという表現もできます。

この処方を見て、思い浮かんだ言葉があります。

「保湿に徹した商品。」


栄養を与えるとか、浸透させるとか、肌を白くするとか、ではなくシンプルに保湿に徹した商品。

という意味です。
着飾らない潔い商品だなと思いました。


●いろいろな保湿剤

では、その保湿剤を分類してみました。

・高分子系

ヒアルロン酸・・・保湿性に優れ、肌にハリを与えなめらかにする。

・糖系

グリコシルトレハロース・・・肌に潤いを与えます。

・アミノ酸系

PCA-Na アミノ酸誘導体 素肌と同じ。肌のNMFに含まれる成分。
ベタイン・・・ビートから抽出されるアミノ酸系成分。

・多価アルコール系

ペンチレングリコール・・・保湿性に優れている。
グリセリン・・・肌にしっとり感を与える。

では、この複数保湿剤処方の意味です。


●複数の保湿剤の処方の意味

まず、保湿剤の役割ですが、水分を維持させること、水分を保持させることです。
水分だけですと、時間が経過すると蒸発してしまいます。
保湿剤は、その水分保持の時間を長くするのが役割です。


保湿剤はそれぞれ水分の抱え方が違います。
これらを組み合わせることで、どんな環境であったとしても、保湿を持続させることができます。
どんな環境というのは、例えば、低湿度であったとしても、高湿度であったとしても、また他の状態もあるかもしれませんが、そういうことを指します。

保湿剤は、組み合わせることで「保湿能」が上がるのです。

それで、複数の保湿剤を組み合わせています。

エコーレアボディローション


●処方の特徴

では、この保湿剤の組み合わせの処方のノウハウですが、エスケー石鹸の長年の石鹸製造技術に基づいた処方とお考え下さい。

エコーレアは、エスケー石鹸のグループ会社です。
エスケー石鹸は、100年の歴史を持つ石鹸会社です。
原料の選び方、処方の仕方、他とは違う独特な処方だそうです。

もちろんこのような処方の具体的なノウハウは、明かすことができる内容ではないと思いますので、かわりに開発担当者の言葉で表現してもらいました。
それが・・・。

「良心的な処方。」


それぞれの成分の働く濃度を考えて良心的に処方する。
真面目で良心的な処方だそうです。
価値の割にはお得な良心的な処方であるとのことでした。


●保湿剤を側面から支援

保湿剤の処方を側面から支援する成分です。

・マヨナラ
・オタネニンジン
・ワイルドタイム 

肌が保湿成分をつくるのを促す組み合わせだそうです。


・グリチルリチン酸2K

肌を健やかに保つ成分です。

・防腐剤無添加

パラべン、フェノキシエタノール不使用です。


ボディローションの使い方提案


エコーレアボディローション


●使用感

べたつきがない。

油膜感がない。

伸びが良い。

無香料。


●ボディローションとして適していると思います。伸びも価格も。

エコーレア ボディローションは、ボディケアに適した商品と思います。

理由は、伸びが良くて、使用感が良いこと。塗る面積が広いボディ用ですから、伸びが良いのは必須です。
また、べとつき感とか、油膜感とかがないので、使用感も良いです。

そして、価格的にもリーズナブルであるとういうことです。
塗る面積が広いですから、リーズナブルの方が良い。
税別1500円です。


●紫外線に当たった後の保湿

これから夏がきます。
日本人は、とくに女性は紫外線ケアが行き届いています。
日焼けする人多くないですね。

ただし、紫外線に当たらなさすぎるのは問題です。
ビタミンDが、生成されなくなります。
特に今の時期、注目のビタミンDです。

顔に紫外線を当てるのは抵抗があると思います。
しかし、手とか身体には、意識的に紫外線をあてたほうが良いかもしれません。

ただ、紫外線が肌にダメージを与えるというのも本当です。
肌が紫外線のダメージを受けたら、ケアとしては「保湿」です。

エコーレア ボディローションは、そんな時に活躍してくれる保湿ローションです。
夏だからこそ保湿です。


●ボディケアは身体との対話

また、わたしが勉強したアカデミーには、ボディケアの大切さを教えてくれた先生がいます。
ボディは、顔よりも断然多い皮膚面積です。
ボディケアは自らの身体との対話です。
ボディケアも基本は保湿です。


●化粧水と組み合わせる

今までは単体で使用する話でしたが、わたしがおススメしたいと思っているのは、水、油との併用です。
保湿の基本要素は、水、油、保湿剤です。

エコーレア ボディローションも、一番多い成分は水です。
でも、こだわり商品研究所には、例えばローズウォーターとか、アロエのチカラとか、アロエミとか、植物のチカラを中心に持ってきている化粧水があります。

それらの植物のチカラと、エコーレア ボディローションを一緒に使用することで、植物のチカラでの保湿を持続させることができます。


●美容オイルと組み合わせる

もうひとつ、油。美容オイルとの組み合わせです。

こだわり商品研究所は、ホホバオイル、アルガンオイルなど、シンプルな美容オイルをご紹介しています。
でも、これだけを肌にぬると、ちょっとべたべたしますね。
こんな時、エコーレア ボディローションを一緒に塗ります。
すると、オイルの伸びは良くなりますし、ベタベタ感が軽減されます。
とっても使用感が良くなります。

一度試していただきたいと思います。

エコーレア ボディローションは、単体での使用はもちろん、組み合わせの使用もお勧めです。
これも、保湿にこだわったシンプル処方だから、組み合わせがしやすいためです。


●最後に

パッケージはシンプルです。

飾りっ気がないです(^^;

気分は上がらないと思います。

まあ、いいじゃないですか(^^)

そこにお金を使っていないということで。

エコーレアボディローション

エコーレア ボディローション



エコーレア ボディローション 商品詳細

■全成分:水、ペンチレングリコール、グリセリン、BG、ベタイン、PCA-Na、ヒアルロン酸Na、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、クエン酸Na、クエン酸、キサンタンガム
■容量:120ml
■製造販売元:株式会社エコーレア

◆ショッピング

「エコーレア ボディローション」のショッピングができます。
こだわり商品研究所のショッピングサイト「こだわり商品研究所ストア」の「買い物かご」に入ります。


価格:1,650円(本体1500円+消費税150円)

数量   

● こだわり商品研究所ストア 【エコーレア ボディローション】 ショッピングページ