えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ(3g×25袋)

えこびと農園えごま油

えこびと農園 えごま油 (九州産)スティックタイプ(3g×25袋)

えこびと農園の九州産えごま油スティックタイプ。九州の大地で育った風味豊かなえごま。100%自社農園+契約農家栽培のえごま実を使用しています。無農薬栽培。熱をかけず、ゆっくり圧をかけて、生搾りしたえごま油です。そのままお召し上がりいただくか、サラダのドレッシングやカルパッチョなどにかけていただくのもおすすめ。αリノレン酸を50%以上含んでいます。



えこびと農園 えごま油 (九州産) スティックタイプ(3g×25袋) 商品詳細

■名称:食用えごま油
■原材料名:食用えごま油
■内容量:3g×25包入り
■保存方法:高温多湿を避け、冷暗所で保存
■販売者:㈱中村

◆ 通販・ショッピング

「えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ(3g×25袋)」のショッピングができます。
こだわり商品研究所のショッピングサイト「こだわり商品研究所ストア」の「買い物かご」に入ります。


価格:3,024円(本体2800円+消費税224円)

数量   

● こだわり商品研究所ストア 【えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ(3g×25袋)】 ショッピングページ


えこびと農園えごま油


オメガ3脂肪酸は、食事から食べる必要がある必須脂肪酸


「オメガ3脂肪酸」は、身体で合成することができない必須脂肪酸で、食べものから摂取する必要があります。
オメガ6:オメガ3の比率は、4:1~2:1というバランスを考えながら、食事から毎日摂取しなければいけません。
「必須」の脂肪酸です。

「オメガ3脂肪酸」は、αリノレン酸EPADHAとあります。

その摂取源としては、αリノレン酸は、えごま油、亜麻仁油、インカインチオイルなどが挙げられます。
意識的に食べなければ、食べられないオイルです。
αリノレン酸を食べると、体内である一定量が、EPA、DHAに変換されます。

EPA、DHAを含んでいる食べ物は魚です。
魚の種類によっても入っている量が違います。
よく話に上るのは青魚ですが、青魚以外でも大丈夫です。

「オメガ3脂肪酸」は、熱に弱く、できるだけ熱を加えずに食べた方が良いとされます。
となると刺身がイチバンです。
しかし、必要量を食べようとすると、例えばカツオの刺身を1日8切れとか、それなりの量になります。

一番いいのは、意識的に魚を食べて、えごま油、亜麻仁油、インカインチオイルを毎日の食生活で活用することかと思います。


オメガ3脂肪酸は酸化しやすい。


こだわり商品研究所では、オメガ3脂肪酸を摂取できる油として、えごま油、インカインチオイルをご紹介しています。
価格も含めて、どの商品が適切かを考え、現在のラインアップにたどり着いています。

「オメガ3脂肪酸」は、酸化しやすい脂肪酸です。
酸化の原因は、熱、光、酸素です。
開封後は、できるだけ早く食べた方が良いです。

ですから、こだわり商品研究所では、えごま油もインカインチオイルも小瓶をご紹介しています。
早く使い切れるようにです。

ただ、現在紹介している商品以外に、あった方が良いと思っていた商品がありました。
それが、「1回使い切り小分けタイプ」のえごま油です。


「1回使い切り小分けタイプ」の「えごま油」は、酸化を気にせず使うことができる。


じつは、「1回使い切り小分けタイプ」の「えごま油」という商品のカテゴリーが存在します。
「1回使い切り小分けタイプ」ですと、開封したその場で使い切ることができますから、酸化を気にせずに「えごま油」を食べることができます。

「えごま油」の1日の摂取量は、小さじ1杯が目安です。
約2~3グラムです。
瓶から出す場合は、大体の目安で入れますが、「1回使い切り小分けタイプ」は、正確に毎日必要量を食べることができます。多く入れすぎたり、少なかったり、そういうことがありません。

そのため「1回使い切り小分けタイプ」は便利なのです。
もちろん、その分、価格は高くなります。

ところが、「1回使い切り小分けタイプ」のえごま油の、国産がなかったのです。
こだわり商品研究所は、今まで国産の「1回使い切り小分けタイプ」見つけることができていませんでした。
今回、国産の「1回使い切り小分けタイプ」を見つけることができましたので、ご紹介させていただきます。

えこびと農園えごま油


九州の「えこびと農園」


えこびと農園の「九州産 えごま油」3g×25パックです。
九州の大地で育った、風味豊かなえごま。
えこびと農園で無農薬栽培された九州産えごまのみを使用しています。

100%「自社農園+契約農家栽培」のえごま実を使用しています。
熱をかけず、ゆっくり圧をかけて、生搾りしたえごま油です。

そのままお召し上がりいただくか、サラダのドレッシングやカルパッチョなどにかけていただくのもおすすめです。
αリノレン酸を50%以上含んでいます。

※えごま油のαリノレン酸は、一般的に60%と表記することが多いです。えこびと農園のえごま油も、また同じなのですが、確実な数字ということで、50%以上でお知らせをしています。

えこびと農園えごま油


「えごま」とは


「えごま」とは、一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。
えごまの種子から搾った油「えごま油」は、αリノレン酸を非常に多く含んでいることから大変注目を集めています。
α-リノレン酸とは、脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。
亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換されます。

えこびと農園えごま油

えこびと農園えごま油


九州の大地で育った、風味豊かな「えごま」です。


7年前にえこびと農園の中村彰義社長は、えごま油の持つ機能性に大変興味を持ったそうです。
その当時、えごま油は日本ではあまり流通していませんでした。
特に国産のえごま油は流通量全体の5%ほどしかなく、ほぼ手に入らない状況でした。

えこびと農園えごま油

そこで、中村社長は自分でえごまを栽培し、国産の安心安全なえごま油を提供したいと思うようになり、5年前から試験栽培を始め、3年前に正式にえこびと農園を設立しえごまの生産を開始しました。

どこにもないフレッシュで上質なえごまの味を求めて、九州・佐賀の地でえごまの栽培をはじめました。
佐賀県は九州に位置していますので、暖かい気候です。
えごまの育ちもよく相性は悪くありません。

「国産で安心して食してもらえるえごまを作りたい!」

地元の意欲ある農家さんや福祉事業所と連携し、九州産のえごまを全国に発信していくことで、愛する郷土の地域活性にも役立てていきたいという志もあります。

えこびと農園えごま油

えこびと農園えごま油

えこびと農園えごま油


無農薬栽培


えごまの葉はしその葉同様、虫がつきやすいのです。

野菜作りは安心・安全が当たり前。
えこびと農園は、手にとっていただくお客様全員が安心して食べれるよう、化学肥料や農薬を使わない無農薬栽培を行っています。除草剤はもちろんのこと、病害虫を抑える消毒もしていません。

農薬を使わないため、害虫や雑草との戦いになります。
微生物などを使って、土壌改良を行い、害虫が寄り付きにくく、雑草の生えない環境を作ろうとしています。
これが本当に難しい部分だそうです。

土作りから工夫をしています。
フルボ酸を活用した土作りをおこなうことで、虫のつきにくい丈夫なえごまを育てています。

えこびと農園えごま油

えこびと農園えごま油


製法へのこだわり


えごまの有効成分であるα-リノレン酸は、熱に弱い成分です。
収穫してから搾油まで適切な温度管理を行っています。

えごま油の搾油方法は、熱をかけない生搾り製法にこだわっています。
時間と手間はかかりますが、α-リノレン酸を50%以上含む質のよい油が採れます。

えこびと農園えごま油


こうしてつくられた「えこびと農園」のえごま油


「えこびと農園」のえごま油は、こうしてつくられます。
そして、そのえごま油を1回使い切りパックにしたのが、この商品です。

えこびと農園えごま油

わたしも、ずっと使ってみましたが、1回使い切りはやっぱり便利です。
オメガ3脂肪酸の情報をしっかり持っていて、誰にも言われなくても積極的にえごま油を食べることができる人は、瓶タイプでも良いと思います。

ただ、ご両親の健康のためにプレゼントするとか、そういう場合は、
1日分がパックされているのは、わかりやすくて、続けやすいかもしれません。

ただ、国産ですし、価格は少々高くなります。

ただ、昨日まで食べてきた食事で自分の身体はつくられています。
オメガ3脂肪酸は、ほんとうに大切な油です。

えこびと農園えごま油




えこびと農園 えごま油 (九州産) スティックタイプ(3g×25袋) 商品詳細

■名称:食用えごま油
■原材料名:食用えごま油
■内容量:3g×25包入り
■保存方法:高温多湿を避け、冷暗所で保存
■販売者:㈱中村

◆ 通販・ショッピング

「えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ(3g×25袋)」のショッピングができます。
こだわり商品研究所のショッピングサイト「こだわり商品研究所ストア」の「買い物かご」に入ります。


価格:3,024円(本体2800円+消費税224円)

数量   

● こだわり商品研究所ストア 【えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ(3g×25袋)】 ショッピングページ