こだわり商品生活:紫外線対策

ルアモ

こだわり商品生活:紫外線対策

紫外線対策についてまとめてみました。紫外線とは、紫外線の弊害、でも大切な紫外線、紫外線対策について。


紫外線とは



太陽光線は、電磁波の一種

電磁波の波の長さを表すのが波長(ナノメートル)

紫外線とは、電磁波の一種。
可視光線の紫色の外側ということで、紫外線と呼ばれます。
地球に降り注ぐ太陽光線を100とすると、紫外線は約6%。
そのうち、UVAは5.5%。UVBは、0.5%。


紫外線の波長・・・200~380ナノメートル

・UVC 200~280 ナノメートル
・UVB 280~315 ナノメートル
・UVA 320~380 ナノメートル


可視光線の波長・・・380~780ナノメートル

・ブルーライト 380~500 ナノメートル


●UVB

UVBは、波長が短いため、UVAほど肌の奥には届かず、表皮までです。
レジャー紫外線とも呼ばれ、強いエネルギーで表皮にやけどのような炎症を起こします(サンバーン)。ただ、皮膚がんの原因ともなる紫外線です。

・レジャー紫外線
・表皮まで
・急激な肌老化
・シミ・そばかす
・やけどのような炎症(サンバーン)を起こす


●UVA

UVAは、生活紫外線と呼ばれ、光老化を促進させる紫外線です。
波長が長いため、皮膚の真皮層まで到達します。
肌のハリを保つ、コラーゲン、エラスチンという2つにダメージを与える作用をします。
皮膚の遺伝子を細胞レベルで傷つけ、皮膚の免疫力も低下させます、
また、日焼け(サンタン)を起こす紫外線です。

・生活紫外線
・肌の真皮層まで到達
・じわじわダメージ
・しわ・たるみ
・コラーゲン、エラスチンを壊す
・日焼け(サンタン)を起こす

ルアモ


●ブルーライト

ブルーライトは、ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、強いエネルギーを持っており、紫外線のUVA 波より波長が長いため、お肌への影響が懸念されており「第三の紫外線」と呼ばれています。可視光線の中でもブルーライトは、活性酸素の増加を促すとされます。

ブルーライトは、UV-Aよりも波長が長いため、紫外線よりもさらに深い皮下組織にまで浸透するといわれています。紫外線より皮膚に及ぼす影響としては大きいとされます。

・可視光線の中では、波長が短く強いエネルギーを持つ
・皮膚や網膜に何らかの障害
・スマホやパソコンの画面から出る
・活性酸素の増加
・紫外線よりもさらに深い皮下組織まで到達

ルアモ

紫外線に関しての基礎知識
https://www.jcia.org/user/public/uv/knowledge


紫外線の弊害


紫外線対策を行うことは特に女性にとっては常識と認識されています。
もちろんですが、男性にも必要です。
では、改めて紫外線の弊害についてまとめてみたいと思います。


● 光老化

お肌の老化は、加齢によるものと理解されていますが、
実は、肌の老化の原因の80%が紫外線による「光老化」と言われています。
「光老化」はどのような問題をお肌に引き起こすかというと、「シミ」「しわ」「たるみ」です。
長年、紫外線を肌に浴びることで、ダメージが蓄積され、光老化が進行します。

※この写真を見たことがありますか?ウィキペディア「光老化」のページです。
https://bit.ly/2YLsksC


● 活性酸素

大気汚染、食品添加物、ストレス、電磁波などの影響で、活性酸素が発生するということはご存知かと思います。
紫外線もまた活性酸素の発生の大きな原因となります。
皮膚に紫外線があたることで一重項酸素と呼ばれる活性酸素が皮下組織に大量に発生します。
脂質を過酸化脂質に変え、皮膚のタンパク質であるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。


● 皮膚がん

オゾン層が破壊され、皮膚がんの発生が問題視されてくるようになりました。
日本はオーストラリアに比べて、皮膚がんの発生率が低いといわれています。
ただし、低いだけで発生しないということではありません。
意識して気を付ける必要があります。

紫外線の肌へのへ影響
https://www.jcia.org/user/public/uv/affect


紫外線を浴びることを推奨!?



ポイントは、ビタミンD

最近、紫外線を浴びることを推奨するドクターの意見を目にすることが多くなってきたように思います。それらの意見に共通するポイントが、紫外線を浴びることによる「ビタミンDの生成」です。

日本では、近年美白を求める声が多く、紫外線対策を行う人が多くなったため、ビタミンD欠乏症が問題視されることがあります。

ビタミンDは、健康面における非常に多く良い作用があることがわかっています。
今、最も注目されている栄養素のひとつと理解して良いと思います。


ビタミンDを不足させないために、日光浴、食事、サプリメント

ビタミンDは、1日15~20分程度の日光浴で、必要量が生成されます。ただ、季節にもよりますし、肌の露出面積にもよります。冬は、紫外線が弱いこと、肌の露出が少ないことで、15分程度の日光浴ではビタミンDが充分生成されません。

ビタミンDは、食事やサプリメントで食べることができます。
ビタミンDを多く含む食品を羅列してみます。

キクラゲ、マイタケ、シイタケ、マイワシ、シラス干し、鮭、イクラ、スジコ、ニシン、サンマ

ビタミンDを意識的に摂取することは非常に大切なことです。
ビタミンDは、サプリメントの摂取でも補充が可能です。


ビタミンDを意識した紫外線との付き合い方をまとめてみました。

・適切な時間、紫外線を浴びてビタミンDの合成を意識するようにする。
・紫外線を浴びる時間と部位は意識する。(最小時間に抑える。顔は避ける。など)
・紫外線を浴びる前には、保湿と肌に抗酸化成分を含む化粧水を塗る。もちろん日焼け止めも。
・浴びた後は、肌の保湿。肌に抗酸化成分を補給。抗酸化栄養素を意識的に食べる。
・ビタミンDを含む食材を意識して食べる。
・サプリメントでビタミンDを補う。

日焼けQ&A
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/index.html


紫外線対策



紫外線カット

紫外線からお肌を守るためのケアです。
紫外線をお肌に届かないようにします。
スキンケアとしての日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つが存在します。
紫外線吸収剤は環境ホルモンのような働きをする原料もあり、ナチュラルオーガニックスキンケアでは避けられています。
紫外線散乱剤には、酸化チタン、酸化亜鉛などがよく使われます。


お肌の保湿

紫外線を浴びてしまった後のお肌のケアの基本は、保湿です。
お肌の角質層の健全な状態というのは、水分と油分のバランスが整っていること。
お肌のトラブルの原因は、乾燥が原因であることが多いことはご存知かと思います。
紫外線でダメージを受けたお肌をケアするための基本は保湿です。


活性酸素対策

紫外線が原因で活性酸素が発生し、お肌にダメージを与えます。
その弊害からお肌を守るのは抗酸化成分です。
抗酸化成分をスキンケアとしてお肌に与えてあげることを意識したいです。
抗酸化成分を塗るタイミングは、紫外線に当たる前と、紫外線に当たった後です。抗酸化成分が、紫外線に当たるとお肌の身代わりに酸化されてお肌を守ってくれます。もちろん、紫外線に当たった後も忘れずに。
ナチュラルオーガニックのスキンケアに使用されることが多い抗酸化成分は、
トコフェロール(ビタミンE)、アスコルビン酸、ルテイン、ポリフェノール、リコピン、βカロテン、アスタキサンチン、アロエ、月桃などです。他にも様々な植物のエキスが使われたスキンケアが存在します。


中からのケア(食事)

紫外線対策、外部からのケアだけでなく、インナーからのケアも考える必要があります。
紫外線を浴びてしまった後は、活性酸素が増えますから、抗酸化物質を含む食材を意識的に食べます。
ルイボスティー、トマト、ブルーベリー、ゴマ、ビタミンCなどです。他にも多くの抗酸化食品があります。