ムクティヘナの使い方・・・美髪のために

ヘナ

ムクティヘナの使い方

月に1回、「美髪」に育てるためのエクササイズ


ムクティヘナの概要


「ムクティヘナの使い方」をお話しさせていただきます。
基本としては、ヘナは「白髪染め」「トリートメント」と考えてくれていいと思います。
本当はもっと深いのですが(^^)

こだわり商品研究所では、ヘナ80%、ハーブ20%のヘナを選びました。
アーユルヴェーダの考えに基づき処方されたハーブです。

ヘナの恩恵だけでなく、ハーブが混ざることで、ハーブの”恩恵”も受けることができるからです。
また、ヘナ100%の場合と比べて落ち着いた色に染まる可能性があるためです。


ムクティヘナの使い方:まずは、オイルマッサージ


どのように使うのか、の流れをカンタンに説明します。

推奨は、最初にムクティオイルによるオイルマッサージをします。
頭皮のオイルマッサージです。
オイルを使用すると、ヘナを塗りやすくなります。
そして、染まりも良くなります。

ムクティオイルは、ゴマ油をはじめ、ヘナエキス、ハーブエキスが使用されています。
オイルマッサージは、ヘナと同じくらい効果的といわれています。

ヘナを使用しない普段の日でもオイルマッサージをすることを推奨したいと思います。
ひとつの理由として、油汚れは油で落とすです。クレンジングを想像していただくとわかりやすいです。
もうひとつは、ヘナは月1回ですが、オイルマッサージは毎日行えます。

わたしも、毎日やっていますが、髪の調子がとてもよくなります。
とても気持ちがいいです(^^)


ムクティヘナの使い方:次に、ヘナ


マッサージ後、ヘナを塗ります。

ヘナは水で溶いて、2時間程度寝かせておきます。

まずは、顔の周りの髪の生え際から。

その後、頭皮全体に塗っていく感じですが、髪をブロックにして束ねて頭皮に塗っていきます。
面倒そうに思えますが、じつはそれほどでもありません。
粘土遊びみたいで楽しい(^^)

塗り終わったら、ラップで巻いて、キャップをかぶって、できれば、1~2時間程度そのまま放置してください。6時間程度そのままにしている人もいらっしゃいます。

帽子をかぶれば、外出でもできます。
その日は、シャンプーを使わずにぬるま湯だけでヘナを流します。


ムクティヘナの使い方:そして、トーンダウンパウダー


そして、その日に時間の余裕があれば、トーンダウンパウダーを使用します。
その日が難しければ、3日以内に行います。

ヘナと同じように水で溶かして、髪に塗ります。
トーンダウンパウダーは、溶いた後すぐに使います。
トーンダウンパウダーは、塗ってから30分~1時間程度で流します。

ヘナは、カラーリングの色をコントロールできません。
すこし落ちついたオレンジっぽい色になりますが、個人差があります。
トーンダウンで、落ち着いた茶色にコントロールすることができます。

ヘナはキューティクルに入っていきますが、トーンダウンは、髪の表面につきます。

以上です。


髪の状態を育てていく


多少面倒と思われるかもしれませんが、慣れるとそうでもありません。
わたしも5回ほどやりましたが慣れです。

むしろ、これらを使用することによって、どんどん髪の状態が良くなっていくことを考えると、回を重ねるごとに楽しくなってきます。

ヘナは、回数を重ねることで、より頭皮、髪の状態が良くなっていきます。
ジムでトレーニングして身体の状態を育てていく、のと同じように、髪の状態を育てていく感覚です。

髪は大切です。

ヘナは、色が定着するのに2~3日かかります。
3~4日くらいで、髪がつやつやになります。

また、ヘナを使用する回数を重ねていくと、ヘナで染まった上に染めることになるため、徐々に色が落ち着いたブラウンになっていきます。

ヘナは身体のどこに塗っても大丈夫です。
ただし、色がつきますが(^^)

足の裏に塗る人もいます。
ヘナは、頭皮に塗布します。
頭皮と肌は一枚続きです。

お肌にも良い影響があるかもしれませんね。


ムクティヘナは、リーズナブル


月に1回のヘナ。
ムクティヘナは価格がリーズナブルなのもポイントです。

100g 1200円(税別)です。

ショートヘアで、1回50g
セミロングで、75g
ロングで、100g

が使用目安量です。

ショートですと、2回使うことができます。

他のヘナで、良さそうなメーカーの商品は、100gで、2000円前後くらいの商品も多いと思います。

トーンダウンパウダーは、900円(税別)。

ムクティオイルは、2500円(税別)ですが、日々オイルマッサージをしても、1か月くらい使えます。
オイルは、かなりおススメです。


美髪のために・・・


ヘナは、キューティクルの中に入っていきます。
だから、髪がしっかりする。
コシがでます。
ストレートパーマが必要なくなったという人もいるそうです。

使い続けていると、天使の輪ができてきます。
60歳男性で、若い男の子のように天使の輪ができている人を見ました(^^)

髪が若返ると、見た目が若返ります。
わたしも、先日、はじめての美容院に行ったとき、美容師さんに

「ヘナですか?」

と聞かれました。

「よくわかりますね~(^^)」

と言ったところ、

「髪がつやつやなのでーーー」

と言われました。

ヘナを使うことで、化学物質での白髪染めから解放されます。
化学物質での白髪染めは、どんどん髪が痛んでいくかもしれません。
頭皮にも、身体にも影響があるかも・・・

ヘナを使っていくと、逆に髪の状態も良くなっていくハズです。
ヘナ歴10数年のコスメモデルの女性が言っていました。

「こんなに、いいものはないですよ。」

美しい髪の方です。
ヘナの恩恵ですね。

ヘナは、白髪染めですが、単なる「白髪染め」だけでなく、「美髪を育てる」ための重要なハーブとして、ご紹介していきたいと思っています。

大切な髪のために・・・。


たとえ面倒であったとしても、やる価値があります。


わたくし、「ヘナを使うのは、思ったほど面倒ではないですよ。」と説明しています。
ただ、その説明に補足を加える必要がある気がしてきました。

「それほど面倒ではないですから、ヘナどうですか」
という方向性の表現でご説明するのは、本質的ではないかも・・・。

これからは、
「たとえ面倒であったとしても、やる価値があります。」
「面倒くらいの理由でやらないのはもったいないかも・・・。」
でしょうか(^^)

ただ、わたしは面倒に思っていません。
それは、髪を育てている感覚がするからです。
ジムなどで運動をして、身体を鍛えているのと同じ感覚です。
「身体を鍛える楽しさ」と同じような、「髪を育てている楽しさ」があります。

ジムは週に何回も通う必要がありますが、ヘナは月に1回ですみます。
わたしの中では、面倒のうちに入りません。
ヘナを使うと、「髪を育てている感」をすごく感じます。


ムクティヘナは、月に1回の 髪を育てるエクササイズ


商品をご紹介するにあたって、単なる「白髪染め」だけでなく、「美髪を育てる」ための重要なハーブとして、ご紹介していきたいと思っています・・・

というような言葉を繰り返し使っています。
これは、使うたびごとに、「髪を育てている感」を強く受けるからです。

わたしは、使っているうちに将来の髪の不安が少なくなってきています。
いつ無くなるか・・・と不安に思いながら、50年以上生きてきたのですが・・・(^^;

ヘナは、月に1回の「髪を育てるエクササイズ」として、とりいれる価値があると思っています。

ムクティ ヘナ