トマトの健康効果

トマト

トマトの健康効果

トマトは身近な健康野菜ですが、案外知らない情報が多いかもしれません。トマトの健康効果について、まとめてみました。知るのと知らないのとでは、調理方法にも大きな違いが出ます。



●こだわり商品研究所で紹介しているトマト

トマトの中でも、リコピン8倍。グルタミン酸3倍。より健康に良くて、美味しい。日本人向けに開発された特別なトマト。


トマトリコピンは、代表的な抗酸化栄養素

エイジングケアのために抗酸化栄養素を食べる重要性は、よく知られています。
色素系の抗酸化栄養素として、代表的なものに、βカロテン、アントシアニン、レスベラトロールなどがあります。
リコピンも代表的な色素系抗酸化栄養素。
リコピンを最も多く含んでいるのは、トマトです。

リコピンの健康効果をまとめてみたいと思います。
情報を入手するたびごとに付け加えていきます。
情報の出所も書いていきますが、出所が不明な情報もあります。
その点はご容赦ください。


リコピンの抗酸化力はどれくらいあるの?

抗酸化ビタミンとして知られているビタミンE。
リコピンの抗酸化力は、なんとビタミンEの100倍以上と言われています。 


カロテノイドの中でも特に高い抗酸化力を持っています。

リコピンは、トマトをはじめ、赤や橙、黄色の野菜に多く含まれる成分で、カロテノイドの中でも特に高い抗酸化力を持っています。 リコピンについては、がんの予防に関する研究報告が多くだされています。 (中略) リコピンをサプリメントでとる場合、食事の直後に摂取すると、食物中の油によって吸収率が高まります。 なお、リコピンの過剰症は今のところ報告されていません。 リコピンは、スイカなどにも含まれていますが、食品で効率よくとるには、やはりトマトがお勧めです。 熟れた赤いトマトほど、リコピンの含有量が高く、市販のトマトピューレやトマトソースなども、完熟トマトを使っているので リコピンを効率よくとれます。
「ヘルシーエイジングのすすめ」吉川敏一著(ブレーン出版) 


活性酸素による細胞の老化を抑えてくれる。

トマトに含まれるリコピンが、身体の中で発生する活性酸素による細胞の老化を抑えてくれる。
「100歳まで生きる条件」白澤卓二著(中央法規) 


その中で特に老化防止に力を発揮するのがトマト。

実際に「赤い食べもの」には、さまざまな注目の有効成分が含まれています。 その中で特に老化防止に力を発揮するのがトマト。 それはトマトを赤くする「リコピン」成分のためです。 (中略) 生のトマトだけでなく、トマトを濃縮したトマトピューレやトマトペーストなども使うとリコピンの量をより多く摂ることができ、料理のバリエーションも増えるので一石二鳥です。トマトはこのように、生食やジュースだけでなく、加熱しても老化防止効果が得られるスーパー野菜のひとつなのです。
「100歳まで元気に生きる食べ方」白澤卓二著(三笠書房)


「トマトが赤くなると医者が青くなる」 「トマトのある家に病気なし」

ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」 「トマトのある家に病気なし」 といった諺があるほど、健康野菜としての評価が高く、βカロチンとともに赤色色素のリコピンを大量に含んでいます。主にこの2つのカロチノイドががん予防成分として注目されていますが、ビタミンCの含有量も多く、こちらの抗酸化作用も大いに期待できます。カロチノイドは油と合わせると吸収率がよくなるので、サラダに使う時はドレッシングをかけたり、シチューなどの煮込み料理にすると良いでしょう。 また、リコピンは加熱・加工処理の過程で吸収効率が高まるという性質があるため、ケチャップやジュース、ピューレなどを用いると効率よく摂取することができます。
「がんにならない」食べもの 大澤俊彦著(泉書房) 


トマトは、NMNを含む

ワシントン大学の今井眞一郎先生の講演があり、聞いた話です。
NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質があります。
これは、すべての生物が生きるために必要不可欠な物質。あらゆる生命体は、このNADを「エネルギーを使うための通貨」のように利用していて、身体のさまざまな機能を回復させる効果をもたらしています。
今井先生によると、このNADが加齢によって減少することで老化に繋がるというのが、最新の研究の結果、わかっているそうです。
このNADを失わないように、その前駆物質であるNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)を補充する研究を先生はされています。
このNADをつくり出し活性化するための日常生活習慣の話を聞きました。
ひとつが、適度な運動です。
2つめが、サーカディアンリズムを乱さない生活です。
3つめが、NMNを含む食品を日常的に食べるです。
そのNMNを含む食べ物というのが、えだ豆、アボカド、トマト、ブロッコリーです。
それぞれ絶対量は少ないが、普段から食べる事で補充されるので、意味がある、ということですね。


トマトは食べるUVケア

トマトは、紫外線の時期、とても有効な野菜のようです。
「食べるUVケア」と言われているそうです。
このページが参考になります。
リコピンと紫外線

http://www.kagome.co.jp/tomato/tomato-univ/medical/whiteskin.html
https://dime.jp/genre/438576/  




トマトを食べる際のポイント



加熱すること

加熱することでリコピン量が増えます。 リコピンは色素ですから、熱しても全く問題ありません。


油と一緒に食べること

リコピンは、脂溶性の栄養素です。 オリーブオイルなど油と一緒に食べると吸収力が高くなります。 約4倍吸収力が高くなるというデータもあるようです。


生のまま食べるより、ジュースなどの加工品

生のまま食べるよりもジュースなどの加工品にしたほうが、リコピンの吸収率が高まる。約3.8倍というデータもあるようです。 
理由は、野菜の細胞壁に吸収が阻まれるせいです。この細胞壁を壊すためには、加熱と破砕が必要です。


●こだわり商品研究所で紹介しているトマト

トマトの中でも、リコピン8倍。グルタミン酸3倍。より健康に良くて、美味しい。日本人向けに開発された特別なトマト。

前へ

ブラック・ナチュラル・ヘアソープ

次へ

菊芋 ( きくいも・キクイモ )とは