こだわり商品選び : お茶

こだわり商品選び・・・お茶

こだわり商品研究所で選んだのは、「ルイボスティー」と「ごぼう茶」

お茶は毎日飲むもの。継続して栄養素を補給しやすい

お茶は、毎日飲むものです。継続して栄養を補給しやすいという利点があります。継続して飲んだ方が良いとされる栄養素を持つお茶を選んでいます。

現時点で、こだわり商品研究所が選んでいるお茶は、「ルイボスティー」と「ごぼう茶」です。今後、増やしたいお茶もあります。


ルイボスティーで、抗酸化栄養素を毎日飲む

ルイボスティーは、抗酸化栄養素であるポリフェノールの一種のフラボノイド成分を含むお茶ということで選びました。抗酸化栄養素は、継続して日々食べることが大切かと思います。それにお茶は適しています。

しかも、ルイボスティーはクセがなくて美味しい。食事のお供としても最適です。ノンカフェインですから、子供からご年配の方まで、安心してお飲みいただけます。

さらに、ルイボスティーには、抗酸化栄養素以外にも有用な働きを持つことがわかってきています。非常に重要な働きです。ルイボスティーは日々のお茶として取り入れた方が良いと思います。


ルイボスティーどれを選べばいいの?

しかし、ルイボスティーは、いろいろな商品があります。どれが良いの?と迷われる方多いと思います。こだわり商品研究所は、じつはルイボスティーの紹介を始めて20年以上です。日本におけるルイボスティーの創成期からの流れをずっと見てきました。こだわり商品研究所はルイボスティーに関しては、かなり由緒正しい通販かと思っています。

こだわり商品研究所でご紹介しているルイボスティーは、南アフリカの元公社ルイボス・リミテッドという会社の日本の代理人と共に、ルイボスティーを日本における創成期から広めてきた会社の商品です。
こだわり商品研究所もルイボスティーのことを教えていただいたのは、この日本の代理人からです。わたし(野崎)も、20年以上ルイボスティーを飲み続けています。

ルイボスティールイボスティールイボスティー


ごぼう茶

もうひとつのお茶は、ごぼう茶です。テレビでもお馴染みの南雲先生が毎日飲んでいるお茶です。わたし(野崎)は、南雲先生の「命の食事認定アドバイザー」でもあります。

ごぼう茶のポイントは、イヌリンとポリフェノールです。イヌリンは、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、食後の血糖値の上昇を緩やかにする働きを持つ、重要な栄養素です。ポリフェノールは、抗酸化栄養素ですから、これも日々こまめに摂取することは大切です。

ごぼう茶もノンカフェイン。味もクセがなくて、香ばしくて美味しいです。日々飲むお茶としては、とても良いと思います。

前へ

こだわり商品選び : 酢(発酵食品)

次へ

こだわり商品選び : サプリメント