マルセイユ石鹸 ビッグバー の製法

マルセイユ石鹸 ビッグバー マリウスファーブル社

マルセイユ石鹸 ビッグバーの製法

マルセイユ石鹸ビッグバーの製法をご紹介します。



●マルセイユ石鹸ビッグバー 目次


【1】 ビッグバー 商品解説

【2】 マルセイユ石鹸の歴史

【3】 マリウスファーブル社

【4】 ビッグバー 製法

【5】 ビッグバー  商品レビュー 


ショッピング【こだわり商品研究所ストア】

▶マルセイユ石鹸ビッグバー【木箱】

▶マルセイユ石鹸ビッグバー【スペア紙箱】




◆マルセイユ石鹸ビッグバーの製法



原料を大釜でゆっくり10日間煮ます。クッキングと呼ばれる工程です。

マルセイユ石鹸ビッグバーの製法を説明します。
原料となるオリーブオイルなどのオイルとソーダをショードロンと呼ばれる大釜に入れてゆっくりとろ火で煮ます。原料はやがてペースト状になり、火山のように熱い泡を吹きあげます。

この行程はクッキングと言われ、10日続きます。
夜には火を止めて、朝再び火を入れるという方法を繰り返すわけです。

大釜で煮ている途中に、代々の社長が石鹸の味見をするそうです。

「本物はまろやかで、口当たりが優しくてうまい」


そうです。このグーテ・ド・サヴオン(石けんの味見)は儀式ではなく、ロに含んだ石けんのまろやかさで工程の進み具合を見る職人の腕の見せ所でもあるのです。

石鹸をつくる作業中です。


北風ミストラルを利用して、2~3週間自然乾燥させます。

10日間煮詰めてソーダ分や不純物を取除いた上ずみをまだ熱いうちに乾燥槽に流し込みます。
30cm深さの乾燥槽で2~3日粗乾きさせ、更に2.5kgの大きさに切って刻印し、木ワクの上に並べて2~3週間ほど自然乾燥させます。

マリウスファーブル社の乾燥室は北側に窓を開け、ローヌ河から海へ向かって吹く北風ミストラルを利用して石けんを自然乾燥させています。

このような17世紀の伝統的な手法で約一ヶ月かけて一本の石鹸を作ります。

※最近は時間をかけないマルセイユ石けん作りが増えているとマリウスファーブル社長は嘆いているそうです。

石鹸乾燥槽

石鹸刻印

マルセイユ石鹸

マルセイユ石鹸

 

 


マルセイユ石鹸 ビッグバー マリウスファーブル


マルセイユ石鹸 ビッグバー マリウスファーブル社


マルセイユ石鹸 ビッグバー マリウスファーブル 商品詳細

■名称:化粧石鹸
■成分:オリーブ油脂肪酸、ヤシ油脂肪酸、水、グリセリン、塩化Na、水酸化Na
※グリセリンは、鹸化過程で生まれる副生成物です。
※塩化Na、水酸化Naは、鹸化に使用する成分です。
■標準重量:約2.5kg (乾燥状態によって変動します。2.25~2.5kg)
■生産国:フランス
■備考:
※1~2人で約1年は使用できます。
※本製品は手作りですので、一本一本見た目が異なります。その点あらかじめご了承ください。
※2.5kgと表記されておりますが、乾燥の具合による水分の蒸発量によって、個々に重さは異なります。2.5kgは目安として、あらかじめご了承ください。
※ワイヤーは付いております。
■【木箱】11,000円(本体10000円+消費税1000円)
■【スペア紙箱】10,450円(本体9500円+消費税950円)

◆ ショッピング

こだわり商品研究所のショッピングサイト「こだわり商品研究所ストア」で、「マルセイユ石鹸 ビッグバー マリウスファーブル」のショッピングができます。

【 こだわり商品研究所ストア 】 マルセイユ石鹸 ビッグバー 【木箱】 マリウスファーブル

【 こだわり商品研究所ストア 】 マルセイユ石鹸 ビッグバー 【スペア茶箱】 マリウスファーブル


このページからも、「こだわり商品研究所ストア」の「買い物かご」に直接入れることができます。

●マルセイユ石鹸 ビッグバー【木箱】 マリウスファーブル
価格:11,000円(本体10000円+消費税1000円)

数量   


●マルセイユ石鹸 ビッグバー【スペア紙箱】 マリウスファーブル

価格:10,450円(本体9500円+消費税950円)

数量   

●マルセイユ石鹸ビッグバー 目次


【1】 ビッグバー 商品解説

【2】 マルセイユ石鹸の歴史

【3】 マリウスファーブル社

【4】 ビッグバー 製法

【5】 ビッグバー  商品レビュー 


ショッピング【こだわり商品研究所ストア】

▶マルセイユ石鹸ビッグバー【木箱】

▶マルセイユ石鹸ビッグバー【スペア紙箱】