フェイスオイル 商品紹介【2】

フェイスオイル

本来人間は、コスメの存在がなくとも、機能的に問題がないような「皮膚の構造」となっているハズです。
「皮膚の構造」の中で、一番外側で重要な役割を担っているのが「皮脂」。「皮脂」は、天然のクリームと呼ばれます。「皮脂」の仕組みから学んだ美容オイルをご紹介します。

alley フェイスオイル

アレイ フェイスオイル

フェイスオイル

ご紹介するフェイスオイルは、「皮脂の成分を解析して再構築」したオイルとなります。皮脂の成分を分析し、その成分を元に「理想の皮脂」を目指して、再構築した美容オイルになります。


フェイスオイル

これが、おおよその「皮脂の構成成分と比率」です。この構成成分と比率を解析した上で「理想の皮脂」を目指して構築した美容オイルとなります。

この分析・開発を行ったのは、油脂化学の専門家であり、原料を厳選した化粧品開発者として、こだわり商品研究所が信頼している「洛歩」の社長です。

フェイスオイル

人の身体はよくできています。肌の事を一番知っているのは、おそらく肌(人の身体)です。そんな肌の表面に存在する「皮脂」に学びました。

皮脂があるから保湿が機能します。
皮脂があるからバリア機能が働きます。
皮脂の構成成分は、それぞれに必然性があり、機能性を持ちます。
皮膚常在菌との関係も皮脂が重要な役割を果たします。


フェイスオイル


植物原料・・・ 100%
オーガニック指数・・・約 98%

・植物系オイルで、トリグリセリドを補う。
・ホホバオイルで、ワックスエステルを補う。
・スクワランを補うことで、経皮水分蒸散を抑える。
・脂肪酸として、オレイン酸、パルミトオレイン酸、リノール酸、エイコセン酸を重視。

フェイスオイル

日々の生活の中で、皮脂を補わなければならない必須のタイミングがあります。
それが、洗顔後です。

洗顔によって、皮脂は洗い流されます。
皮脂が必要なものならば、洗い流された皮脂はすぐに補ってあげる必要があるはずです。
できれば皮脂にある成分で補ってあげるのが一番自然です。

フェイスオイル

特に女性は、20台をピークに年を重ねると皮脂の分泌能力が衰えてきます。

皮脂分泌量は、15~35歳でもっとも多く、その後年齢を重ねるごとに衰えてきます。
女性は、50歳を過ぎると著しく減少すると言われます。

フェイスオイル

足りなくなった皮脂は、適切量、補う必要があります。

加齢によって衰えるのなら、それを補ってあげる必要があります。
皮脂があるために、肌は保湿され、弱酸性に保たれ、バリア機能を充分に発揮することができます。
足りなくなった皮脂は適切量補う必要があります。

フェイスオイル

本来の自分の肌には適切な皮脂があります。本来の自分の肌に戻してあげる。

人の肌の上、角質層の一番上に皮脂が存在しているのが、本来の肌の姿です。
スキンケアをするのも、まずは本来の肌の状態に戻してから・・・。

フェイスオイル

「ほんとうの自分の肌」を目標にするのが、この美容オイルの目的です。

子供頃は、コスメをつけていない「ほんとうの自分の肌」でした。
フェイスオイルは、その「ほんとうの自分の肌」を目標にするオイルです。
「ほんとうの自分の肌」に戻ったら、その後機能的なコスメを使うのも良いと思います。

alley フェイスオイル

アレイ フェイスオイル



alley フェイスオイル 商品詳細

■名称:alleyフェイスオイル(保湿オイル)
■成分:オリーブ果実油、スクワラン、マカデミア種子油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、メドゥフォーム油、ヒマワリ種子油、トコフェロール
■容量:8ml
■ご使用方法:適量を手に取り、お顔や乾燥の気になる部分にやさしく塗布してください。
■使用上の注意:
●お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
●お肌に合わない時はご使用をおやめください。
●幼児の手の届く場所、高温または低温や直射日光の当たる場所には保管しないでください。
■発売元:株式会社洛歩
■生産:Made in Kyoto
■価格:1,980円(本体1800円+消費税180円)

◆ 通販・ショッピング

こだわり商品研究所のショッピングエリアでお求めいただけます。


【 こだわり商品研究所ストア 】 alley フェイスオイル