【 皮脂を補うスキンケア 】 スクワラン

◆足りなくなった皮脂を補う

「足りなくなった皮脂を補う」ことが「スキンケアの基本(のひとつ)」と考え、「皮脂にある成分」を補ってあげる。このテーマを考えています。

今回は、「スクワラン」について取り上げます。

スクワラン


スクワランとは

「スクワラン」を説明するにあたって、まず「スクワレン」の説明をする必要があります。

「スクワレン」は、ヒトの身体のいろいろな組織中に存在する「不飽和炭化水素」です。
皮脂にも12~15%程度存在します。
このスクワレンは、酸化しやすいという特徴があります。
スクワレンは酸化しやすいことで、他の物質の酸化を防ぐ、抗酸化の働きもあるとされます。

「不飽和炭化水素」スクワレンに 水素添加してつくられる「飽和炭化水素」が「スクワラン」です。
無色無臭の透明な油液です。


スクワランの分子構造

スクワランの分子構造は、C(水素)とH(炭素)のみでできている炭化水素。
C30H62
水と馴染む部分が全くないので、水分閉塞性(蓋をする効果=オイルシール効果)が高い。
酸化安定性が高い。


皮脂の中のスクワレンの割合

皮脂の中に約12~15%程度存在する。


スクワランの特徴

●毒性、刺激性が全くない。
●きわめて安定性が高く、酸化、変質しにくい。
●皮膚への湿潤性に優れている。
●使用感がとても良い。
●のびが良い。
●皮脂膜のスクワレンと同質の成分。


スクワランを使用する際に知っておきたいポイント

●皮脂に含まれているのはスクワレン。スクワランはスクワレンに水素添加して安定化させた成分のため、厳密には皮脂に含まれている成分ではない。

●オイルの役割のひとつである「オイルシール効果」を考えると、もっともその効果が高いオイルである。

●刺激が極めて少ないという部分も重要。

●スクワレンと同質の物質であることも意味があるように思われる。

●「保湿」という観点から重要な役割を果たす成分(オイル)であると思う。

●脂肪酸を含まないから、単体での使用ではなく、脂肪酸を含む美容オイルと併用するのがオススメ。


◆ 皮脂を補うスキンケア【スクワラン】のまとめ


●スクワランは、
皮脂の12~15%を占めるスクワレンの類似物質。

●刺激がなく、使用感も良いため、オイルシール効果目的には効果的。

●スキンケアに取り入れた方が良いオイル。単体使用ではない。


※参考文献、情報収集

この記事は、以下の会や、本などで情報収集、勉強したことを参考に書きました。

Natural Life & Beauty Academy
一般社団法人日本リポニュートリション協会
日本脂質栄養学会
脂質栄養学(菅野道廣 著:幸書房)
化粧品成分検定公式テキスト(一般社団法人化粧品成分検定協会編:実業之日本社)
化粧品成分ガイド(宇山侊男 著、岡部美代治 著、久光一誠著:フレグランスジャーナル社)
皮膚はすごい(傳田光洋著:岩波書店)