マグネシウム ミネラルの王様

マグネシウム


ミネラル



必須ミネラル・・・多量ミネラル

1日の必要量が100mg以上

マグネシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム


必須ミネラル・・・微量ミネラル

1日の必要量が100mgに満たない

鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、マンガン、セレン、クロム、コバルト、モリブデン


ミネラルは、食品から食べる必要がある

ミネラルは、身体の中ではつくられない。
食品から食べる必要がある。


マグネシウム



マグネシウム(Mg)ミネラルの王様

マグネシウムは原子番号 12、元素記号 Mg の金属元素の一つ
「ミネラルの王様」と呼ばれる。
「アンチエイジングミネラル」と言われる。
漢字で、「鎂」と書く。(金へんに、美しい。)


マグネシウムは骨の構成成分

・生体内には約 25 g のマグネシウムが存在する。
・その約3分の2(50〜60%) は骨に存在する。
・骨の構成成分になっている。
・骨や歯の形成に必要な栄養素。


約300種類以上の酵素の働きを助ける

・3分の1は、筋肉の細胞の中にあって約300種類以上の酵素の働きを助ける。
・350種類の酵素の活性化。
・300以上の酵素反応の補助因子として作用する。
・ほとんどすべての酵素の活性化にマグネシウムが関与。
・多くの体内の酵素反応に寄与している。
・マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きを助ける。


エネルギー産生に不可欠なのがマグネシウム

・エネルギー産生
・マグネシウムは、エネルギー産生を助ける。
・細胞内でATPを産生させるのに不可欠なのがマグネシウム
・エネルギー産生に寄与している。


マグネシウムの食事摂取量基準

成人女性 290mg前後(30歳以上)
成人男性 370mg前後(30歳以上)

男性で100mg、女性で50mg程度不足しているという話も・・・


マグネシウムが不足する原因

・白米が増え、大麦、雑穀などの全粒穀物が減った。
・塩田法の廃止により、精製塩が一般的になった。
・塩分の過剰摂取によるマグネシウムの排泄の増加。
・アルコールによって体外に排出。
・ストレスによるマグネシウムの排出。
・発汗によっても排出。


マグネシウムを多く含む食品

▶ マグネシウムを多く含む食品


マグネシウムを理解するためのサイト

日本人の食事摂取基準2020年版

MAG21研究会

日本生活習慣病予防協会

オーソモレキュラー栄養医学研究所

NHK 美をつくるミネラル!マグネシウムの実力


この記事を書くにあたって参考にした資料

・日本人の食事摂取基準2020年版
・オーソモレキュラー栄養医学研究所