こだわり商品選び : 油・オイル

オイル

こだわり商品選び・・・油・オイル

こだわり商品研究所は、なぜこの商品を紹介しているの?それを説明します。


脂質は3大栄養素のひとつ

油(脂質)は、タンパク質、炭水化物と並ぶ、3大栄養素のひとつです。
しかも、身体を構成する非常に重要な栄養素です。
油(脂質)の仕組みを理解して、適切に油(脂質)を食べることが大切です。


油(脂質)の基礎知識

油(脂質)についての基礎知識を知ることで、オイルの選び方がわかるようになります。
以下のページに記事を書いてみました。
ぜひ、ご覧になってください。

油(脂質)は、脂肪酸を理解するとよくわかる。
油(脂質)はカラダの中でどんな働きをしているの?
NHKスペシャルで取り上げられたオメガ3系脂肪酸

こだわり商品選び

それらの油(脂質)の基礎知識を把握したうえで、具体的にどんな油を日常食生活に取り入れたらいいの?ということになると思います。
こだわり商品研究所で紹介する理由(ワケ)がある油が、以下の油と考えています。

1、オメガ3脂肪酸を摂取できる油。
2、加熱調理用の油
3、エキストラバージンオリーブオイル

ひとつひとつ説明をさせていただきます。


1、オメガ3系脂肪酸を摂取できる油。

オメガ3系脂肪酸は、必須脂肪酸。カラダの中で合成できないため、食事から食べる必要がある油(脂質)です。

そして重要なのが、同じ必須脂肪酸であるオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の摂取バランスです。このバランスには、自然の摂理といわれるバランスがあります。
それがオメガ6:オメガ3=2:1です。

ところが、サラダ油の使用、見えない油問題で、オメガ6系脂肪酸は摂取過多です。
バランスを整えるためには、オメガ6を意識的に減らし、オメガ3系脂肪酸を意識的に食べる必要があります。
オメガ3系脂肪酸を多く含む食品は、魚。できれば刺身です。
毎日のことですから、オメガ3系のオイルを日常の食生活に意識的に取り入れるのが適切です。

代表的なオイルが、えごま油、亜麻仁油、インカインチオイルです。
こだわり商品研究所は、えごま油とインカインチオイルを選びました。
えごま油、亜麻仁油はオメガ3脂肪酸の含有量はほぼ同じです。
亜麻仁油は、カナダなどが生産地であることが多いです。
えごま油は、日本で生産される商品を選ぶことができます。
それが、えごま油を選んだ理由です。
味もクセが少ないと思っています。(個人差があります)


島根県産 低温圧搾生しぼり えごま油

えごま油の産地は、日本国産、中国産、韓国産という商品が多いです。
こだわり商品研究所は、日本国産という選択を選べる「えごま油」を選ぶことにしました。
えごま油の国内の産地はいくつがあります。その中で、島根県は、代表的なえごま油の産地として知られています。「神話の里」奥出雲の会社のえごま油になります。環境の良さ、オメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸の配合率の高さ、味などの理由で島根県のえごま油を選びました。

えごま油

えこびと農園 えごま油 九州産 スティックタイプ

えごま油は、酸化しやすい油です。開封したらできるだけ早く使い切っていただく必要があります。1回分を個別包装するすることで、常に新鮮なえごま油を食べることができます。国産の無農薬のえごま油で、個別のスティックタイプの商品がこれです。国産ではこの商品以外見つけることができていません。
えこびとえごま油


インカインチオイル

インカインチオイルは、ペルーの油になります。
えごま油、亜麻仁油の弱点は、コスト的に高いということです。オメガ3系脂肪酸は必須脂肪酸である以上、一生食べ続ける必要があるものです。コスト的にリーズナブルであるということは重要なことと考えます。オメガ3系脂肪酸を豊富に含むオイルの中で、インカインチオイルは続けやすい価格設定のオイルです。さらに、ビタミンE(γ-トコフェロール)が非常に豊富に含まれること、ナッツ系の植物の油であるということが、この商品を選ぶポイントです。味も美味しいです。αリノレン酸系油の中で一番おいしいのではないかとも思っています。
インカインチオイル


2、加熱調理用の油

日常食生活の中で使う加熱調理用油はサラダ油を使っている人が多いと思います。
しかし、サラダ油にはオメガ6脂肪酸であるリノール酸が多く含まれる油が多いです。
オメガ6系脂肪酸は摂取過多です。オメガ3系の脂肪酸との2:1のバランスを整えるためにも、サラダ油は意識的に控えた方が良いとされます。
そこで、代替案となる加熱料理用の油が必要です。
それが、こだわり商品研究所が選んだのが、オレイン酸が豊富なエキストラバージンオリーブオイルと中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイルです。


エコロヒコ

オレイン酸は、比較的、熱に強い脂肪酸です。オリーブオイルはこのオレイン酸が70%以上含まれるオイルです。加熱調理用に適しています。ただし、エキストラバージンオリーブオイルは非常に高価です。加熱調理用として使うには、コスト的に少々抵抗がある方も多いかと思います。

このエコロヒコは、本物のエキストラバージンオリーブオイルとしては、非常にリーズナブルです。オリーブジャパンで、金賞を2年連続して受賞しているようなクオリティが高いエキストラバージンオリーブオイルです。加熱調理用として使うのに最適なエキストラバージンオリーブオイルです。
エコロヒコ


プレミアムココナッツオイル

ココナッツオイルは、植物オイルとしては非常に珍しい、飽和脂肪酸が豊富なオイルです。飽和脂肪酸は、酸化しにくい脂肪酸です。加熱調理用として最適です。しかも、ココナッツオイル特有のあの香りがほとんどないプレミアムココナッツオイルですから、加熱調理用として最適と考えます。ココナッツオイルは、飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸が豊富なオイルです。中鎖脂肪酸は、身体に溜まりにくく早くエネルギーになるという特徴もあります。
プレミアムココナッツオイル


3、エキストラバージンオリーブオイル

人気のオリーブオイル。オリーブオイルは、オレイン酸が豊富な油です。
ただ、オリーブオイルはオレイン酸という面だけで判断をすると間違った捉え方になる可能性があります。オリーブオイルの中でも最上級グレードのエキストラバージンオリーブオイルには、オレイン酸だけでなくオレオカンタール、ヒドロキシチロソール、オレウロペインなどのポリフェノールなど、微量栄養素が含まれます。この働きが非常に重要である可能性があります。これらの微量栄養素を食べるためにも、本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶ必要があります。

エキストラバージンオリーブオイルを日々の食生活に取り入れることは意味があると思っています。何と言っても美味しいですし。しかし、日本オリーブオイルソムリエ協会によると、日本に入ってきているエキストラバージンオリーブオイルの80%は品質偽造品だそうです。
日本オリーブオイルソムリエ協会で勉強をして、信頼できるエキストラバージンオリーブオイルを選びました。こだわり商品研究所は、テーマがエイジングケアです。日々の食生活に溶け込ませるためには、価格が重要と考えています。本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶのはもちろんですが、価格的にも取り入れやすい商品を選びました。


エグレヒオ

オリーブジャパンで、連続して、最優秀賞、金賞、銀賞を受賞した本物のエキストラバージンオリーブオイルです。有機JAS認定を受けています。味はフルーティーで、辛み、苦みもしっかりあり、バランスのとれたエキストラバージンオリーブオイルです。にもかかわらず、非常にリーズナブル。
エグレヒオ


エコロヒコ

エグレヒオと同じメーカーであるオレオエステパ社のエキストラバージンオリーブオイルです。オリーブジャパン2018年、2019年金賞を受賞しました。有機JAS認証取得。エグレヒオよりさらにリーズナブルです。エグレヒオとの違いは味でしょうか。普段使いのエキストラバージンオリーブオイルとしてこちらもおススメです。
エコロヒコ